ターミナルケアにおける看護師の役目

ターミナルケアは、患者の病気を治療するといった目的よりも、終末期の苦痛の緩和を目的とした医療が行われます。
通常の看護業務とは異なり、治療よりも患者さんの精神的なケアや痛みのケアを行う事が重要になるのです。また、患者さんの性格や症状を常に注意深く観察し、適切な医療行為を行う事が看護師に求められています。

ターミナルケアでは、難病に苦しむ患者さんのために非常に強い薬が処方されるケースが多いです。また、その薬の内容について看護師の意見が反映されやすい点からも、日常からの患者さんの容態の観察することは重要な職務だといえます。
終末期の患者はだんだんと症状が重くなるケースが多く、場合によっては医師による診察を行った後、さらに効果の強い薬を処方される場合もあるのです。

効果の強い薬はその分副作用が強いため、薬に対する十分な説明と副作用に対するケアが大切です。例えば、終末期の痛みを解消させる薬として医療麻薬がありますが、酷い便秘や吐き気が起きる場合があるので、副作用のための薬を処方する必要があるのです。
事前に副作用について説明する事無く強い薬を処方してしまった場合には、患者さんとの信頼関係が損なわれてしまう可能性も否定できません。
また、自分にどのような副作用が出る可能性があるのかを患者さんが事前に知っておく事によって、治療に対する安心感を持って貰う事ができます。ターミナルケアの場合でも、常に看護師と患者が信頼関係を築くことによって、より充実した生活を送れる可能性が大きくなるのです。

Tags: ,